雑貨アトリエ

雑貨アトリエでは香りの賢い使い方・香り雑学や香りの商品紹介をしています。 自然雑貨工房や浅間高原の近況をお知らせしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Read More

染めた布に柄ステンシル

9月22日(水)今回は布に柄抜きをする方法を紹介します。用意するもの染めた布柄を切り抜いた型紙(プラ版などを好きに切り抜いたりしてもok)着抜剤防染糊スポンジなどステンシルするもの方法はとっても簡単!型紙を布の上に置き、着抜剤か防染糊をスポンジなどでステンシルするだけです。溶剤を付けた場所だけ色が抜けて柄を付ける事ができます。滲んで柄が崩れる場合があるので注意しましょう。防染糊で布の色まで抜き、も...

Read More

絞り染め応用術!

9月21日(月)久しぶりにハーブ染の方法について、紹介したいと思います。以前は縛って染める方法を紹介しましたが、今回はその応用術です。縛ってから染めるのではなく、染めてから色を抜いて柄を作ります。用意するもの普通のハーブ染めに必要なものと同じ着抜剤防染糊1、まずは以前紹介した方法などで、布をハーブ染めします。出来れば濃い色で染めて下さい。2、乾いたら布をくしゃっと丸め、紐で縛ります。3、丸めた布に...

Read More

花の色の話

9月6日(日)ラベンダーと言えば、あの鮮やかな紫色が印象的な花です。わたしはラベンダーで染めると薄い紫色になるのかと思っていました。しかしラベンダーで布を染めると、布の素材によっても大分異なるそうですが、綺麗な若草色やベージュ、グレーなどに染まるそうです。また、紅花染めでは煮出すと黄色い色素と赤い色素が取れ、黄色、橙色、朱色など暖色系の色を幅広く作る事が出来るそうです。花のいろと全く違う染め液が出...

Read More

ハーブ染めの色

9月5日(土)ハーブ染めの方法を紹介した際にも話しましたが、媒染剤の種類によって仕上がりの色が変わります。媒染剤の種類•明礬(みょうばん)硫酸アルミニウムカリウムのこと。「焼みょうばん」と「生みょうばん」があり、「焼みょうばん」は料理に使うので薬局やスーパーで買えます。「生みょうばん」は、染料店で入手できます。染布の重さに対し、8~10%使用。•酢酸アルミニウムアルミ媒染剤として、最も多く使われます。...

Read More

グラデーション染め2

9月4日(金)ちょっとの工夫で、境目のない自然なグラデーションが出来るようなので、今回はその方法を紹介したいと思います。1、染め液を1l程用意します。染めたい布の大きさによって量は調節して下さい。2、薄い色から順に染めます。5分の1程度の原液200mlに広げた状態で染めたい部分までつけ、左右に揺らして均一に染めます。約5分間浸けます。※たまに生地を上下させて染液を馴染ませてください。3、染まった部分だけお水...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。