雑貨アトリエ

雑貨アトリエでは香りの賢い使い方・香り雑学や香りの商品紹介をしています。 自然雑貨工房や浅間高原の近況をお知らせしています。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Read More

ラベンダーの効能

11月17日(火)ラベンダーは現在、150種類以上もの効能がすでに認められているそうです。心や体、皮膚など様々な面に効果があります。まず、体への影響として冷やし、緊張をほぐす作用があります。冷やす効果は炎症や傷みを抑え、また緊張の緩和は、神経性の緊張、不眠、高血圧、動機、頭痛、イライラなどを緩和します。更に、抗感染作用も優れていて、泌尿器や生殖器系、呼吸器系の感染症に効果的です。【今日のお仕事】•商品...

Read More

ラベンダー、それぞれの特徴

11月16日(月)ラベンダーは耐寒性の低木で高さは1mほどの大きさに成長するそうです。ブルガリアやフランスを中心として、今世界中で栽培されています。やせた土地をこの好む性質がありますが、見た目の特徴は種類によって、少しずつ特徴があります。真正ラベンダー…背丈が低めで、紫色が一般的。白やピンクもあります。スパイクラベンダー…真正ラベンダーより背丈が高く、葉の部分が大きいです。花は淡い色になります。標高が50...

Read More

ラベンダーオイルの種類3

11月12日(木)ラバンジンまたはラバンディンと呼ばれる種類があります。こちらの香りはラベンダーに少しスパイシーさが加わった香りと言われています。ラバンジンは、スパイクラベンダーと真正ラベンダーの交雑種で、その混ざり方によって、さらに4種類のラバンジンを見つけることができるそうです。ラバンジンスーパー (Lavandin Super) ・・・よりラベンダーに近い。一番良質。ラバンジンアブリアル (Lavandin Abrialis) ...

Read More

11月11日(水)ラベンダー・スピカという種類があり、スパイクラベンダーとも呼ばれます。こちらもケトン類を少し含んだラベンダーです。ケトン類には傷を治す作用もあり、スピカはその能力に優れているとされています。香りはリラクゼーション向けではありませんが、ちょっとした火傷の手当や虫さされに効果的なようです。しかし、アロマを皮膚に直接使う場合は、十分に注意し、事前に自分の肌に合うか確かめ、一度に数滴使う...

Read More

ラベンダーオイルの種類1

11月10(火)ラベンダーオイルの中には、ラベンダーオイルの表記で説明した種類のもの以外のものもあるので、注意が必要です。ラベンダー・ストエカスフレンチラベンダーとも呼ばれています。香りはフローラルな香のイングリッシュラベンダーとはまったく異なります。あまりリラクゼーション向けの香ではないそうです。こちらの精油には『ケトン類』という種類の成分が多く入っているために、扱いには注意が必要です。ケトン類...

Read More

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。